無料
エロ
動画

無修正動画でオナニーするエロ主婦

エッチな人妻は好きですか?動画を見ながらオナってます。。。セフレと素敵な時間を持ちたいな〜 アブノーマルな事にも興味アリ♪

VIP会員様限定コンテンツ

無修正動画を見ながら独り妄想
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 年齢認証 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

18才以上のエロ動画好きな人のみお進みください。

18歳以上 / 18歳以下
>>完了いたしましたら無料動画がご覧いただけます

セフレとテレフォンセックス ?

セフレとテレフォンセックス? のつづきです。
 

「今度会うときにバイブをもってきて」っていわれて、

かばんにバイブを入れてきた。


今、交通事故とかにあって、私に何かあったら、どうしてこの人はかばんにバイブを入れてるんだろうって思われちゃうだろうなあ。

ラブホテルで二人きりになって、純一にバイブを渡すと、

おっ。このバイブ、だいぶ、使い込まれてますね。」

なんてからかわれた。

これから純一のちんぽを入れてもらえると期待している私のおまんこは、ここまで来る間にもうびちゃびちゃになっている。

純一の目の前で足を開いて、おまんこを差し出すと、犬のようにぺろぺろとおまんこのワレメを舐めてくれる。

ぐんにゃりとしたやわらかい舌のあたたかい感触が私のおまんこから、さらに愛液をしたたらせる。

「ぴあ♪のおまんこ、もうぐちゅぐちゅだなあ。」

彼は嬉しそうにバイブを私のワレメにこすりつけた。

「ん・・・だって、久しぶりのセックスだもん。」

純一のちんぽと同じサイズのバイブが膣口を押し広げて入ってくる。

彼がゆっくりとバイブを出し入れすると、オナニーのときに自分でバイブを使うよりも気持ちがよかった。

「あっ・・・はん・・・気持ちいい・・・。」

「ぴあ♪は俺の転勤前より、淫乱になっちゃったね。それとも、淫乱な本性を隠していたのかな?」

クリトリスを指でいじられながら、おまんこの中のバイブを動かされると、イってしまいそうになる。

「ちが・・・違うよぉ・・・ずっと我慢してるからだもん。」

本当は自分でもかなり淫乱になってしまったような気がしているけど、その分、純一とのセックスの気持ちよさも格段に増した。

「いつも我慢させててごめんね。今日はおまんこにいっぱいちんぽ入れてあげるから・・・。」

バイブがおまんこから抜かれて、待ちに待っていた純一のちんぽが入ってくる。

硬くて大きい充実感のある彼のちんぽが私の中に入ると、私の口からは思わず満足のため息がもれてしまう。

「すごい・・・おまんこの中、うねってるよ。ちんぽが嬉しいのかな。」

純一はちんぽを動かさずに、おまんこの動きを楽しんでいる。

私もできるだけ長くおまんこの中に彼のちんぽを入れておいてほしいから、腰を動かさずに純一のちんぽの感触をおまんこで味わう。



一度、純一がちんぽを動かし始めると、お互いに夢中になって、激しく腰を動かしてしまうので、射精まではあっという間だ。

私もおまんこの奥を何度も突かれて、すぐにイってしまう。

自分でバイブを使っているときには、おまんこの中ではイけないのに、純一のちんぽだと、必ずイけるのはいつも不思議に思う。

休憩をはさんで、純一のちんぽの回復を待ちながら、時間いっぱいまで何度もセックスしている間、バイブはラブホテルの床にさみしくころがっていた。


ときめきご近所オンライン ←純一と知り合ったのはここ

  1. 出会い|
  2. 出会い系体験|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

セフレとテレフォンセックス

主人の浮気に仕返しするつもりで、出会い系を使うようになったエロ主婦の思い出話です。

出会い系でご近所という事がわかり、何度も会っていたイ・ビョンホンにちょっと似ている純一というセフレ。

純一は私の好きなクンニを丁寧にしてくれるので、本当に頻繁に会っては一日中まったりとセックスをしていたのです。

ところが、その純一が転勤してしまいかなりの遠距離に・・・


もう会えないとあきらめて、オナニーをする日々が続きました。

私がオナニーするときは、自分の指だけじゃなく、バイブを使うんです。

私の愛用しているバイブは中太でクリトリスを刺激する突起のついたクリア素材のピンク色のバイブ。

ピンク色のバイブ ピンク色のバイブ


クリトリスを刺激する突起には、小さなブラシのようないぼいぼがついていて、ここにローションをつけてクリトリスに当たるようにすると、それだけでイけるくらい気持ちいい。

もちろん、本物のちんぽの方が気持ちいいけど、純一が転勤してしまって、他のセフレを探そうという気持ちにならず、バイブで自分を慰めるしかないのでした。




時々は、バイブを使ってオナニーしながら、純一とテレホンセックスをすることもあるの。

純一が

「おまんこにバイブを入れて動かして。」

とか、

「おまんこがどうなっているか、俺に教えて?」

とか耳元で彼にいやらしいことをいわれながら、バイブを使うと、何度もイってしまうの。

遠距離になるまでは、至って大人しいセックスで、お互いにこんないやらしいこといってなかった。

純一も私が、

「私のおまんこ、バイブで気持ちよくて、ぐちゅぐちゅになってるの!」

なんていうようになるとは思っていなかったらしく、とても興奮すると喜んでいた。

でも本当は、バイブじゃなくて、純一のちんぽがほしい。

昨日の夜は、一週間前、4ヶ月ぶりに会ったときに、純一が自分の大きさに近いサイズだからといってくれたバイブをおまんこに入れて、

「純一のおちんぽ、気持ちいい・・・。」

って純一との電話にささやきながら、二人でオナニーした。

目をつぶって電話から聞こえる純一の声と荒い息づかいに集中して、バイブを純一のちんぽだと思ってみるけど、やっぱり、おまんこで感じる感触がぜんぜん違う。

バイブも気持ちいいことは気持ちいいんだけど、気持ちよさのレベルが違うっていうか・・・

イったときの深さが違うんだよね。

だから、なるべくお金を貯めて、できるだけ純一に会うようにしているの。

純一が浮気しないようにっていうのもあるけど、おまんこが純一のちんぽをほしがって、バイブじゃ物足りないっていうから。

純一と会うのはすごく嬉しいし、ちんぽをおまんこに入れられると、ものすごく充実感というか、満足感を感じる。

欠けていたものを補ってもらった充足感。

あきっぱなしのビンにふたをしてもらった感じ。

バイブをおまんこに入れていると、合わないふたをむりやりしているような違和感を感じるのかもしれない。

もちろん、バイブは気持ちいいし、それなりに感じるんだけど、オナニーを終えたあとに、むなしさを感じてしまう。

純一のちんぽがおまんこから出て行くときも、自分の体の一部がもっていかれてしまうようなさびしさを感じるけれど、何かを満たしてもらったような満足感があるから、バイブでオナニーしたときのような寂莫感はない。

それを純一に説明したら、

「今度会うときにバイブをもってきて」っていわれて、

かばんにバイブを入れてきた。

つづく・・・

  1. 出会い|
  2. 出会い系体験|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

出会い系で会っちゃった。。。

そもそも私が出会い系を使うようになったのは、浮気した主人への仕返しっていうのがきっかけ。

仕事で疲れてるからとかいって、私とはすっかりごぶさただったくせに、自分だけちゃっかり浮気してるのを知った時・・・

悔しくて悔しくって〜。

ま、家族になっちゃうと、セックスしたいって思えなくなるのもわからなくはないけど・・・そんなのお互い様だし、主人ばっかりずるいって思っちゃったのよね。

私だってまだまだ若いんだし、性欲だってあって当たり前でしょ。

今でもまるで昨日のことのように思い出すの・・・

ひとまわりも下の若い男の子とラブホテルで向き合ったときには、しばらく忘れていた女としてのときめきを感じて、わくわくしちゃった。

はじめて浮気した男の子は出会い系で会った翔太くんっていう子だったんだけど、童貞かと思っちゃうくらい女慣れしてなくて、その初々しい感じがたまらなくぞくぞくしたの。

まだシャワーも浴びてないのに、強引にベットに押し倒されて、のしかかられるなんて、主人とじゃありえないもの(笑)

唇がくっつきそうな至近距離から、こわいくらい真剣な顔で、

「キスしていいですか?」

ってきいてくる翔太くんがかわいくて、私から思いっきりディープキスしちゃった。

にゅるっにゅるっていう感じで舌を絡めていると、翔太くんの息が荒くなってきて、服の上からもどかしそうに私のおっぱいをまさぐるの。

シャツのボタンをちぎられるとマズいから、私は自分で服を脱いでいった。

翔太くんはさらに興奮しちゃったみたいで、ストッキングに包まれた太ももをたどって、スカートの中に手をつっこもうとしたけど、強引にされるとスカートがしわになっちゃうから、私は翔太くんの手をそっと押さえた。

「ちゃんと脱ぐから、あなたも脱いで裸になって。」

私はベットからすべりおりると、一枚ずつていねいに服を脱いで、いすにかけていった。

私のストリップを食い入るようにみながら、乱暴に自分の服を脱ぎ捨てていた翔太くんは、私がブラジャーをはずして、おっぱいをむきだしにすると、パンツを一枚残したかっこうで抱きついてきた。

白いパンティに黒いストッキングだけしか身に着けていないかっこうが刺激的すぎたみたい。

私のおっぱいを両手でもみながら、おしりにすりつけてくる翔太くんの股間はあきらかに勃起していて、私は自分がまだまだ女性としての魅力を保っていると確認して、自尊心を満足させた。

興奮した翔太くんが後ろから押し倒したので、私はバランスをくずし、ベットに両手をついて、おしりを突き出したようなかっこうになってしまった。

「ちょ・・・危ないわよ・・・。」

後ろを向いて注意しようと思ったら、凶暴な獣と化した翔太くんの両手がウエストにあったストッキングのゴムの部分をつかみ、がばーっと足首のところまで下げた。

ストッキングを足元に落としたまま、完全に脱いでいない状態で、私は後ろからパンティごしにおまんこを指でなぞられて、思わずのけぞってしまった。

「んっ・・・こんなかっこうイヤ・・・。」

足首にあるストッキングが足をゆるく拘束していて、身動きがとりにくい感じがたまらなく興奮する。

実は私って、意外とMだったのかも。

翔太くんはしゃがみこんで、私の脚の間に顔をつっこんだ。

パンティの上から鼻でこするように、おまんこのワレメをぐりぐりされると、思わずあえぎ声がもれてしまう。

「あっ・・・やだ・・・そんな・・・。」

翔太くんはまるで犬のように鼻をふんふんと鳴らしながら、おまんこのワレメでできたパンティの溝を何度も指で往復した。

パンティと脚の境界線を舌でぺろぺろ舐められて、じれったさと恥ずかしさで体が熱くなる。

きっともうおまんこから愛液がたくさん出てるのが、パンティの湿り気でも匂いでも、翔太くんにバレちゃってる。

内もものパンティラインのあたりを熱心に舐めていた翔太くんが、パンティに両手をかけたので、やっと脱がせてもらえるんだとほっとしてしまった。

ずるずるとゆっくりパンティを下げられて、ストッキングと同じように足首で放置される。
翔太くんはぬれぬれになったおまんこを指で左右に開いて、じっとみていたかと思うと、ふうっと息を吹きかけた。

「ひゃっ・・・やめて・・・。」

ぞくぞくっとした快感が背筋をぞわっとさせた。

ちゅくっといういやらしい音をさせながら、翔太くんの舌が私のおまんこを舐めはじめた。
こんなにていねいなクンニをされたのはいつ以来だろう。

しかも、洗っていないおしっこ臭いおまんこをひだひだを舌でかき分けるように熱心に舐められるなんて・・・。

私は翔太くんの舌が敏感な部分をえぐるたびに、悲鳴のような悦びの声をあげつづけた。

「あんっ・・・ああんっ・・・そこ・・・気持ちいい・・・。」

あんなにウブそうにみえた翔太くんは、私の気持ちいいところを的確に舌で刺激してくる。

そして、舌が与えてくれる快楽が物足りなくなってきた頃、いきなりずぶっと指が挿入された。

私のおまんこの中に入った中指はじゅくっじゅくっと愛液をかき出すような動きを繰り返している。

中指の先がおまんこの奥のいいところに当たるたびに、ちょっとずつ絶頂に追いやられていくのに、さらに、反対の手でクリトリスをこすられて、もう少しでイきそうっていうところで止められた。

「やだぁ・・・もうちょっとだったのに・・・。」

おまんこの奥のいいところだけをすばやい指先の動きで刺激され、クリトリスをやわやわとなでられて、すぐにまたイきそうになる。

ああ、もうイくっていうところで、また手が止まってしまった。

「お願い・・・もうイかせて・・・。」

うずいた体をどうにかしたくて、私は今日会ったばかりの自分よりかなり年下の男の子に、なりふりかまわずおねだりしてしまった。

翔太くんはじれったくなるほどゆっくりとした動きで、先走りのシミのできたパンツを脱いで、反り返ったちんぽにコンドームをつけ、待ちきれなくてひくひくしている私のおまんこに一気に奥まで突き刺した。

「あふぅんっ!」

満足のあまり、今まで出したこともなかったようなはしたない声が出てしまう。

おまんこの中に挿入してからも、私がイきそうになるとちんぽの動きを止められ、気がついたときには、

「もっとぉ・・・もっと、おちんぽ奥までちょうだい・・・。」

なんていいながら、自分で腰をふっていた。

我慢させられた分、イけたときには真っ白になるくらい強烈な快感で、私はセックスの気持ちよさを夫以外の若い男の子に教わってしまったのだった。

最初に使った出会い系サイト

aisai




  1. 出会い|
  2. 出会い系体験|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0
堤さやか 桜田さくら 長瀬愛 平井まりあ
及川奈央 白石ひより 笠木忍 宮下杏奈
苺みるく 阿立未来 中島佐奈 望月なな
宝来みゆき 藤井彩 うさみ恭香 ミュウ
宇美野ひかり 萩原さやか 広瀬奈央美 友崎亜希


エッチな0930人気シリーズ

ライブチャット生情報

待機中の女の子をのぞく

エロチャット!する?

今月の特集

エロランキング

逆アクセスランキング

close